これらのお悩みを全て解決出来るのが「DriveChecker」です。
お客様の実環境をトライアルでお試しのうえ
「Web上で一般公開」「リンクを知っている全員」の共有状況をご確認ください。

DriveCheckerの
主な機能

  • ファイル管理

    ファイルの一覧画面です。 様々の条件指定でのファイルを抽出することや、解除依頼、共有解除、自動解除などを行なえます。

  • CSVエクスポート

    ボタン1つで、現在のファイル共有状況をCSVで一括出力できます。 定期的に保存いただくと監査証跡としてご利用いただけます。

  • ユーザー管理

    DriveCheckerの管理画面へのアクセス権限を管理者様でコントロールできます。 役割分担をしながらファイル共有管理を行うことが可能です。
    ※Googleアカウントでのログインとなるため、G Suite(旧GoogleApps)ユーザーであることが必須です。

  • 自動解除

    外部共有日数やリンク共有日数を指定すると、指定日経過後に共有設定を自動解除します。 ※初期では自動解除はOFF設定になっています。

  • 解除機能

    管理者様がファイルオーナーに知らせることを無く、不適切な共有状況を解除できます。

  • 解除依頼

    管理者様が、不適切な共有状況を発見した場合、ファイルオーナーに共有状況を見直す通知を行えます。

  • ログ表示

    ファイルの共有履歴がログとしてご確認いただけます。

  • 未共有ファイル表示

    組織内などで誰とも共有していないファイルの出力が可能です。 退職者のファイル特定などにご利用いただけます。

新機能のご紹介

  • 管理者Dashboard

    管理者様はDriveCheckerにログインをすると、全社のファイル状況がサマリーで一覧出来る様になりました。 管理者様はこの画面を見るだけで、全社の共有状況をご確認いただけます。

  • 週報メール

    「前の週の月曜日~日曜日の24時」までの、ファイルの共有状況に関する変更内容のサマリーが、メールで指定した管理者宛に届きます。 受取人はご指定のメールアドレスを設定すれば、どなた宛にも送信可能です。

  • ユーザー機能の強化

    管理者様は一般ユーザーを指定して、個々にDriveCheckerにログインすることを制御することが可能になりました。 一般ユーザーがDriveCheckerにログインすると、自身がオーナーのファイルのみ、自動解除の例外対象を設定することが出来ます。

  • フォルダ表示が出来る様になりました

    ご要望の多かったフォルダ表示に対応いたしました。 また、対象ファイルが所属するフォルダの表示をドライブ上で行える様になりました。 フォルダを限定した検索も出来る様になりました。

  • 複数オーナーファイルの検索

    複数オーナーを指定した検索が行える様になりました。 これにより今まで以上に便利にファイル管理が行えます。

  • 英語での画面表示に変更対応しました

    インターナショナルな会社様に必須となる画面の英語化に対応いたしました。 各ユーザーが言語ボタンを選択すると、言語表示の切り替えが可能です。 次回ログイン時も設定を引き継ぎます。

導入実績

  • Drivecheckerは常に同期されており、
    時系列に情報を出力する唯一の手段です。

    freee株式会社
    CIO/CISO 土佐鉄平
    CSIRT 粟津昂規

    詳しく
  • DriveCheckerを利用してみて驚きました!
    あるのが当たり前で無いと困る!

    株式会社アサヒ・ファミリーニュース社
    取締役 秋房伸一

    詳しく
  • DriveCheckerの存在を知ってしまうと、
    もうこのサービス無しでは管理が出来ない!

    株式会社アーツ
    増本正則

    詳しく
  • GoogleDriveでは出来なかったアクセス権の
    一覧化把握、共有解除が一瞬で!

    株式会社エバーグリーンインターナショナル
    中央漁具株式会社
    システム室長 丸田賢吾

    詳しく

開発インタビュー

  • 株式会社ターン・アンド・フロンティア
    取締役 北畠智弘

    弊社はGoogleDriveを積極的に活用するヘビーユーザーだったのですが、ISMS取得をきっかけに標準のGoogleDriveだけでは安全に共有管理がしにくいことに気がつきました。

    周囲のGoogleDriveを使っている方達に聞いてみても、同じ様な意見を多数聞くことが出来、DriveCheckerは必要な機能だと思いました。
    せっかく便利なGoogleDriveがもっと安全に使いやすくなれば良いなと思ったのが開発の背景です。
    もちろん自社でもDriveCheckerが大活躍しています。

ご利用料金

ご利用料金 お申し込み月はトライアル期間として無料となります。
本利用を開始されたお客様は、1ユーザーあたり月額300円となります。
請求書を経理ご担当者様宛にメールにてご連絡しますので、請求書発行月の翌月末までにお支払ください。

【ご利用料金とお支払い条件】
ご利用料金: 1ユーザー月額300円/(年払い)
お支払い条件: 請求書発行月の翌月末までにお振込みください

【計算例】
1月20日ご契約開始の場合 50ユーザーの場合
1月度はトライアル期間のため無料となり、本年2/1〜来年1/31までの年間契約となります
50ユーザー × 300円(月額費用) × 12ヶ月分 =180,000円
本年2月末までのお支払

※G Suite(旧GoogleApps)ユーザー数分のご契約が必要となります。

まずはトライアルを
お申込みください

トライアル環境ではお客様のG Suite(旧GoogleApps)環境で実際にお試しいただけます。
現状の自社の環境でどんな共有状態かをご確認いただけます。
お試しのうえ「Web上で一般公開」「リンクを知っている全員」の共有状況をご確認ください。

トライアル申し込み

※トライアルでは全ての機能をお試しいただけますが、検索数とCSVエクスポートが100件までと制限がございます。
期間が終了し、本利用をされないお客様のデータは自動で解除されます。

導入の流れ

  • フォームから申し込み
  • 弊社にてトライアル登録
  • お客様にて初期設定
  • トライアルでのご利用を開始
  • 宜しければ本利用開始
  • 以降のご請求はメールにてご連絡

新着情報

  • 今年、開催されるGoogle Cloud Next ‘18 in Tokyoに、弊社はゴールドスポンサーとして「DriveChecker」を出展します。

  • 「DriveChecker」は文字及びロゴで商標を取得しました。 商標   : DriveChecker 出願日  : 2018年02月26日 出願番号 : 商願2018-22854、商願2018-22852 登録番号 : 第6041896号、第6041897号 登録日  : 2018年05月11日 DriveC

  • お客様からの沢山のご要望にお応えして「検索条件CSV」機能の開発が完了いたしました。 気になる検索条件を指定して、ご希望のCSVが出力出来る様になりました。 こんな組み合わせが可能です▼ ・外部共有による漏えいが不安な場合 ウェブ上で一般公開 × リンクを知っている全員 ・退職者のファイル状況を抽出し

  • お客様よりご要望が多かった「TeamDrive」に対応いたしました。 今までの「共有アイテム」と同じ1画面で「TeamDrive」のファイルもまとめて管理いただけます。 新機能について ・チームドライブのフォルダでの管理が行えます ・チームメンバーのチェックも適切に行えます ※「TeamDrive

Google Cloud Next Tokyoに出展しました

2017年に開催されたCloud Next tokyoに、弊社はゴールドスポンサーとして「DriveChecker」を出展しました。

Google Cloud Next Tokyo に出展しました。

DriveCheckerがビジネス インパクト部門 Winnerを受賞しました

Googleドライブ™ の共有状況を管理することができるDriveCheckerをリリース以降、大変多くのお問い合わせとトライアルのご希望を頂いております。
そんな中、DriveCheckerは2017/6/13にGoogle Cloud Partner Summit Japan ‘17 内で開催された Partner Contest において、ビジネス インパクト部門 Winner を受賞いたしましたのでお知らせいたします。

DriveCheckerがビジネス インパクト部門 Winnerを受賞しました

DriveCheckerは便利なGoogle ドライブ で、さらに安心安全なファイル共有を実現するためのものです。
引き続き、お客様の声を反映させながら、より良い製品作りを行ってまいります。

よくある質問

  • DriveCheckerの初期登録には特権管理者なら誰でも大丈夫でしょうか?

    特権管理者様ユーザーであれば登録は可能です。 なお、DriveCheckerをご利用する際、特権管理者様ユーザーはG Suite(旧GoogleApps)内に存在し続ける必要がございます。 そのため、出来るだけ、退職などの影響が無い、代表アドレスや社長様アドレスなどでのご登録を推奨いたします。

  • 初期登録にはどんな手順が必要ですか?

    G Suite(旧GoogleApps)の特権管理者で、GoogleのAPI管理画面にアクセスし、設定を行っていただく必要がございます。 本サイトのお申込みフォームから、お申込いただいたのちに詳しい方法を設定マニュアルにてご案内させていただきます。 ※約5分程度で完了する簡単な作業です。

  • DriveCheckerで複数ドメインは運用可能でしょうか?

    G Suite(旧GoogleApps)では、プライマリドメインとセカンダリドメインを併せた1社としての登録が可能ですが、 DriveCheckerの現機能では、別々なドメインとしての登録が必要となります。

  • DriveCheckerへのログインにはパスワードを利用するのでしょうか?

    ログインにはGoogleアカウントでのログインが必須のため、パスワードは発行せずにご利用いただけます。

  • トライアルを終えた場合どうなりますか?

    トライアル期間が過ぎるとDriveCheckerへのアクセスができなくなり、約30日経過後、お客様のデータは削除されます。

  • トライアル期間を過ぎた後に、本申込みをすることにしたのですが、どうなりますか?

    お手数ですが、もう一度、トライアル申し込みより、本申込みの送信を行ってくださいませ。 なおこの場合は利用希望日から料金が発生します。

  • トライアル申し込みが2回目となりますが、トライアル可能でしょうか?

    原則的にはお客様1社について、トライアルは1回とさせていただいております。 なお、特別なご事情がある場合はお問い合わせください。

  • どのタイミングで課金されますか?

    初回契約では、ご利用開始月の翌月からの計算で、ユーザー数×12ヶ月分のご請求をさせていただきます。 契約期間中に、ユーザーが追加された場合、その都度、年間契約の残月数分を月割計算でご請求させていただきます。 年間更新の場合、更新月に存在するG Suite(旧GoogleApps)ユーザーをご利用しているユーザーアカウント数全数で計算のうえ年間費用をご請求させていただきます。

  • ユーザー数の計算はどうなりますか?

    G Suite(旧GoogleApps)ユーザーをご利用しているユーザーアカウント数全数が対象となります。 ※Googleグループのグループアドレスは数量として含みません。

  • ユーザーを追加した場合どうなりますか?

    毎月の月末時点で存在するユーザーが前月より多かった場合、ご利用料金×年間契約月までの残月分を月割りでご請求いたします。 特に事前通知はしませんのでご注意ください。 追加があった場合、請求書を経理担当者様へメール連絡します。
    ※経理担当者様のご登録が無い場合、システム担当者様へのご連絡となります。

  • 途中ユーザーを削除した場合、支払い済みの料金はどうなりますか?

    年間契約でご利用枠を確保いたしますので、途中返金はございませんが、ご契約ユーザー数枠内でのユーザー削除と作成の場合には、追加料金は発生いたしません。

  • 次年度の更新方法はどうなりますか?

    契約満了日の約30日前後に、更新可否のご確認を経理担当者様(登録が無い場合システム担当者様)にメール連絡いたします。

  • 削除ファイルのログはどうなりますか?

    現在、削除したファイルのログは削除されますが、削除ファイルのログも閲覧可能となるアップデートを予定しています。

  • 情報セキュリティマネジメントシステムには対応していますか?

    DriveCheckerは、ISMS、Pマーク、社内監査、IT全般統制などで求められるファイル管理ポリシーに対応可能です。 詳細については各審査機関にお問い合わせください。

  • DriveCheckerの販売代理店になりたいのですが

    お問い合わせフォームよりご連絡ください

お問い合わせ

DriveChecker利用規約

本サービスを利用申し込みした法人または個人(以下、「お客様」)と、株式会社ターン・アンド・フロンティア(以下、「当社」)は、DriveCheckerの利用に関して以下の通り合意します。

第1条(定義)
1. 「本サービス」とは、当社が提供するDriveCheckerのサービスの全部または一部、そのほか関連する資料、文書、印刷物等の有体物、オンライン上または電子的なドキュメントやファイルのことを指します。
2. 「本規約」とは、本利用規約を意味し、お客様がホームページまたはメールなどでのお申込みを行った時点で、本利用規約に関してお客様の合意が得られ、本サービスに関する利用契約が成立したものとします。

第2条(本サービスの使用)
1. お客様は、自己使用の目的でのみ本サービスを使用することができることとし、当社の書面による事前の承諾なしに、本契約上の本サービスに関する使用権を第三者に再許諾もしくは譲渡、または本サービスを第三者に譲渡、転貸もしくは占有の移転を禁じます。
2. お客様は、いかなる目的においても、当社の書面による事前の承諾なしに、本サービスの全部または一部を変更、改変または複製を禁じます。また、第三者にも当該行為をさせることを禁じます。
3. お客様は、いかなる目的においても、本サービスの全部または一部について、他のプログラム等との結合、または逆アセンブルおよび逆コンパイル等の行為を行うことを禁じます。また、お客様は第三者に当該行為をさせることを禁じます。

第3条(届出内容の変更)
1. お客様は、利用登録の際申請した住所、Eメールアドレスその他当社への届出内容に変更があった場合は、速やかに当社所定の方法により変更事項を届け出るものとします。
2. 前項の届出がないこと、または登録事項の不備により、お客様が不利益を被ったとしても当社は一切責任を負わないものとします。

第4条(使用権およびライセンス料)
1. 当社は、お客様に対し、本契約に基づき譲渡不能な使用権を許諾します。
2. お客様は当社または代理店に対し、前項の使用権の対価として、別途定める条件に同意していただき、ライセンス料をお支払するもとのします。
3.ライセンス料は変更となる場合があります。
4.お客様と当社において別途定められた期日までに支払がなかった場合、お客様は期限の利益を失い、当社に対する一切の債務を直ちに履行することとしし、本契約に基づく金銭債務の支払を遅延したときは、当社に対しお客様は、期限の利益を喪失した日から支払済みに至るまで、年14.6%(年365日日割計算)の割合による遅延損害金を支払うものとします。

第5条(保証責任)
当社は、本サービスの提供にあたり、万全の注意を払って開発しておりますが、お客様の本サービス(本サービスによって結果的にお客様が得る情報を含みます)の使用に関して、正確性、完全性、有用性、最新性、その他事項については保証しないこととします。

第6条(機密保持)
1. お客様及び当社は、本サービスに関する情報およびその他本契約に関連して知り得た一切の情報(以下、「機密情報」)を、相手方の書面による事前の承諾なしに、いかなる形においてもその内容を第三者に利用、開示または漏洩を禁じます。なお、本条の機密保持義務は、本契約終了後も効力を有することとします。
2. お客様は、善良なる管理者の注意をもって機密情報を厳重に管理するとともに、機密情報を使用するお客様の従業員に対しても、前項の機密保持義務を遵守させることとします。

第7条(禁止事項)  
本サービスの利用にあたり、お客様は次に記載する行為を行わないこととします。
a. 本サービスの提供を妨げる行為
b. 当社又は第三者の著作権その他知的財産権または名誉、信用、プライバシー等の人的利益を侵害する行為
c. 犯罪行為もしくは犯罪行為を助長する行為、又はそれらのおそれがある行為
d. コンピュータウイルス等の他人の業務を妨害、もしくはそのおそれのあるコンピュータプログラムを本サービスに利用して使用したり、第三者に提供したりする行為またはそのおそれのある行為
e. その他、他人の法的利益を侵害し、公序良俗に反する行為、又は法令に違反する行為
f. その他、本サービスの提供において不適当であると判断される行為

第8条(権利の帰属)
1.お客様のコンテンツの知的財産権は、お客様又はお客様が許諾を受けた第三者に帰属します。また、コンテンツ管理はお客様自身の責任において管理されるものであり、当社はその内容等について一切の責を負いません。
2.お客様は、本サービスに関する産業財産権および著作権等の一切の権利が当社または、当社が使用許諾を得ている第三者に帰属していることを認めるとともに、これら権利の侵害を禁じます。
3. お客様に対し、本サービスの使用権および利用規約上の地位のみを許諾しますが、本サービスおよび一切の派生物にかかる著作権、その他の知的財産権並びに所有権その他いかなる権利も付与しません。

第9条(期間および解除)
1. 本契約の有効期間はサービス利用開始日より1年とし、有効期間内のお客様都合によりお客様申し出による解約は、これを認めますが利用料金の返金はありません。
2. 本契約は、期間満了の30日前までに定められた連絡方法による事前通知がない限り、自動的に継続することとします。
3. お客様が次の各号の何れかに該当する場合、当社はお客様に対し通知、催告を要せず直ちに本契約を解除することができることとします。
a. 本契約上の義務を履行せず、その他本契約に違反した場合で、当社が相当の期間を定めて催告したにもかかわらず、これを是正しなかった場合
b.差押、仮差押、仮処分、公売処分その他公権力の処分を受け、または民事再生手続開始、会社更生手続開始、特定調停、もしくは破産その他倒産手続開始の申し立てがなされた場合
c. 手形交換所の取引停止処分、または公租公課の滞納処分を受けた場合
d. 資産、信用状態が悪化し会社の存続が危ぶまれる場合、またはそのおそれがあると認められる相当の事由がある場合
e. 総会屋、「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定義する暴力団およびその関連団体およびその他反社会的勢力(以下「反社会的勢力等」という)であるとき、または反社会的勢力等であった場合
f. 役職員又は主要な出資者が、反社会的勢力等の構成員であるとき、またはあった場合
g. 自らまたは反社会的勢力等を利用し、相手方に対して詐術、暴力的行為、不当要求または脅迫的言辞を用いた場合
h. 自らまたは反社会的勢力を利用し、相手方の名誉・信用を毀損し、または毀損するおそれのあると認められる場合
i. 自らまたは反社会的勢力を利用し、相手方の業務を妨害し、または妨害するおそれのある行為をし、または妨害するおそれのあると認められる場合
4. 前項により本契約が解除された場合、お客様は期限の利益を失い、当社に対する一切の債務を直ちに履行することとしし、本契約に基づく金銭債務の支払を遅延したときは、当社に対しお客様は、支払期日の翌日から支払済みに至るまで、年14.6%(年365日日割計算)の割合による遅延損害金を支払うものとします。
5. お客様は既に支払った利用料その他一切の料金は、返還を求めることはできないものとします。
6. 契約終了後であっても第3条から第8条は、有効に存続することとします。

第10条(個人情報の取扱)
1. 当社は、利用者が利用登録の際に申請した情報、本サービスの利用情報などを個人情報として厳重に管理し、次のいずれかに該当する場合の他は第三者に開示しないものとします。
a.利用者の同意がある場合
b.法令などにより開示を求められた場合
c.当社の権利または財産を保護する必要がある場合で利用者の同意を得ることが困難な場合
d.人の生命、身体または財産の保護のために必要であって、利用者の同意を得ることが困難な場合
2. 当社は前項の個人情報を、当社通常の営業目的や顧客に有益と思われる情報提供に利用できることとします。また、統計資料などに加工して利用できることとします。
3. 利用者は、当社が前項の個人情報をダイレクトメールなどによる当社からの情報提供に利用できることに同意するものとします。但し、利用者から情報提供の受信を拒否する旨の通知があった場合、当社はそれ以降情報提供を行わないものとします。
4. 利用者は、当社が利用者の個人情報を当社が業務を委託する会社に提供することに同意するものとします。この場合、当社は当該個人情報の取り扱いについては、当社における取り扱いと同様、細心かつ善良なる管理者としての注意を持って取り扱うことを義務付けます。

第11条(変更)
1. 当社は、お客様の事前了承を得ることなく、随時本規約を追加、変更または削除することができることとします。
2. 当社は、前項の変更を行う場合には、変更後の本規約の内容を、本サービス上での掲示または電子メールなど当社が適当と判断する方法によって、お客様に告知するものとします。
当該告知に基づき変更後の本規約の内容が本サービス上で掲載または電子メールによる送信がなされた時点をもって変更の効力が生じるものとします。
本規約の変更後は、その変更に基づき本サービスの利用条件等が変更されることを承諾したものとします。

第12条(サービスの停止)
1. 当社は次の場合には、善良なる管理者の注意を以って、本サービスの提供を中止することがあります。お客様はあらかじめこれに合意したものとします。
a. 当社による本サービスのメンテナンス、工事、設備不具合などやむを得ないとき
b. 電力、電気通信事業者による電気通信サービス提供の中止、又はその他不可抗力に基づく場合などやむを得ない事由によるとき
2. 当社は、前項により本サービスの提供を中止する場合には、事前にお客様に通知するよう合理的な努力を行います。但し、事前通知について、緊急やむを得ない場合はこの限りではありません。

第13条(責任制限)
1. 当社は、本サービスの提供、中断、中止、障害等に起因してお客様および第三者に発生した損害について、一切の責任を負いません。また、本サービスの利用停止、契約終了に起因してお客様および第三者に発生した損害について、一切の責任を負いません。
2. 前項の定めにもかかわらず、本契約に関し、万一、当社がお客様の損害を賠償する事態が生じた場合、債務不履行、瑕疵担保、不当利得、不法行為その他請求原因の如何によらず、その賠償額は当該損害の発生年にお客様から当社への支払い済みの利用料合計額を上限とするものとします。

第14条(不可抗力) 
本契約に定められた当社のお客様に対する履行義務が以下の事由によりその一部又は全部が遅延し、若しくは不可能となった場合には、当社はその責任を負わないこととします。但し、当社は、当該原因が除去されたときは、速やかに本サービスの履行を再開することとします。尚、当該原因により、本サービスの履行が不可能と当社が判断した場合には、当社は、本契約を即時解除できることとします。
a. 天災地変、戦争、暴動、内乱、重大な疫病、法令の改廃、制定、公権力による命令処分等が発生したとき
b.その他当社の、吸収、合併、売却、事業の停止、及びサービス提供の停止等の事象、不可抗力により当社の責に帰ることのできない事態が発生したとき

第15条(裁判管轄)
本サービス利用に関し、お客様と当社との間で万一訴訟の必要が生じた場合、訴額にかかわらず、お客様は当社本社の所在地を所轄する簡易裁判所または地方裁判所を合意管轄裁判所とすることに同意するものとします。

第16条(協議事項)
本契約に定めのない事項その他本契約に関して生じた疑義については、お客様と当社両者が誠意をもって協議のうえ解決することとします。

2017年3月1日制定
株式会社ターン・アンド・フロンティア

利用規約
トライアル利用の申し込み及び、利用開始時は本Webサイトに記載の利用規約に同意されたものとします。
ご連絡について
システムメンテナンスなどのご連絡はシステム担当者様のメールアドレスへ通知いたします。 ご請求書などは経理担当者様のメールアドレスへ通知いたします。

「送信」すると、システム担当者様アドレスへメールが送信されます。
送信後、1〜2営業日以内に担当営業によりご回答差し上げます。

運営会社

  • 株式会社 ターン・アンド・フロンティア

    • 設 立2006年11月15日
    • 資本金13,972,900円(2018年10月現在)
    • 本 社〒550-0013
      大阪府大阪市西区新町1-5-7
      四ツ橋ビルディング4階

    ISO/IEC 27001 認証:認証登録番号:IS 663768
    ISO/IEC 27017 認証:認証登録番号:CLOUD 663770
  • G Suite(旧GoogleApps)

    • 2006年の創業時よりGoogle Appsを社内で利用。
    • 2009年よりGoogle Apps Authorized Resellerに認定。
    • アカウントの販売および、導入コンサルティング/サポートを実施。
  • Amazon Web services

    • 2008年頃より社内での利用を開始。
    • 2011年に西日本の企業としては初のAWS Solution Providerとして認定。
    • 2014年には上位資格であるAPN Advanced Consulting Partnerとして認定。
      (現在4年連続認定)

「Google」「Googleロゴ」、「Gmail」は、Google Inc.の商標または登録商標です。
「G Suite」、「G Suite Business」、「G Suite Basic」は、Google Inc.が提供するサービスです。
アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Aurora、Powered by Amazon Web Servicesロゴは米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。